【実録】侍エンジニア塾の6ヶ月コースでプログラミングを学んだ全貌

みーちゃん
侍エンジニア塾の6ヶ月コースって、どんな学習をするんだろう??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(@tomochan8282)です。本日は、僕が侍エンジニア塾で学んだ6ヶ月間の、学習の全貌を公開していこうと思います。

 

本記事を読めば、侍エンジニア塾で過ごす6ヶ月間のイメージが具体的になります。

 

僕は2017年10月から6ヶ月間、侍エンジニア塾でプログラミングを勉強していました。

 

 

侍エンジニア塾を選んだのは、仕事の取り方まで教えてくれる、国内で唯一のプログラミングスクールだったからです。

 

全くの未経験だった僕が、6ヶ月間で仕事を獲得できるまでに成長をしました。

 

侍エンジニア塾の6ヶ月で出来たこと
  • 3つの仕事を受注(クラウドワークス)
  • 11のWebサイトを制作
  • 作業効率化ツールを使いこなす
◆もくじ

【実録】侍エンジニア塾の6ヶ月コースでプログラミングを学んだ全貌

  1.  入塾前
  2.  カウンセリング中
  3.  カウンセリング後
  4.  1ヶ月目
  5.  2ヶ月目
  6.  3ヶ月目
  7.  4ヶ月目
  8.  5ヶ月目
  9.  6ヶ月目
  10.  まとめ

【実録】侍エンジニア塾の6ヶ月コースでプログラミングを学んだ全貌

入塾前

海外就職を経験して、僕は大きな挫折感を味わっていました。

 

自分には特別な専門スキルが何もない。。

 

一年半ほど、地元の名古屋でホテルの仕事をしながら、悶々とした時間を過ごしていました。

 

そんなある日。

 

ホテルのお客さまを送るバスを運転している時に、ラジオから流れてくる「プログラミング」というワードが妙に引っかかったんですね。

 

そして、学生時代の友人が、ITで起業をするという話をしていたことを思い出しました。

 

いろいろと調べていく中で、プログラミングは、ひょっとしたら語学かもしれない。

 

そう思うようになったんです。

 

もしプログラミングが語学だとしたら、英語を独学で学んだ経験から、自分でも習得ができるかもしれないと思いました。

 

ところが、何から始めたらいいのか全然わからないんです。

 

プログラミング言語は種類が多いので、どの言語を選べばいいのか、全くわからないんです。

 

 

新しい分野を勉強するときは、その分野の中で、「宇宙一簡単そうな本」を探して、徹底的に理解することが近道!

 

そういった自分ルールがあったので、「宇宙一簡単そうな」JavaScriptと呼ばれる言語の本を買ってきて、ノートに模写をしました。

 

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 (確かな力が身につく「超」入門シリーズ)

 

この本を読んだことで、HTMLとCSSがプログラミングの基礎言語であることがわかりました。

 

 

そこで、「宇宙一簡単そうな」HTMLとCSSの本も買ってきて、ノートに模写をしました。

 

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

この頃、初心者向けのプログラミング学習教材である、Progateというサイトの存在を知りました。

 

 

Progateはゲーム感覚で楽しめるので、淡々と進めていくことができました。

 

わからないところは答えを見ながらコピペを繰り返していました。

 

さらに、プログラミグスクールを探し始めました。

 

ITで起業をした友人は、TECH::CAMP(テックキャンプ)と呼ばれるスクールで学んでいたようです。

 

調べていくと、TechAcademy(テックアカデミー)、NexSeed(ネクシード)、Spiceup Academyなど、さまざまなプログラミングスクールが存在することがわかりました。

 

そんな中、侍エンジニア塾と呼ばれる、完全マンツーマンレッスンのエンジニア塾【Samurai】の存在を知りました。

 

侍エンジニア塾のWebサイトで印象的だったのは、掲載されている卒業生のインタビューが具体的で面白かった事です。

 

さらに侍エンジニア塾は、個人に合わせた、フルオーダーメイドのカリキュラム作成できるエンジニア塾【Samurai】である事も、魅力的でした。

 

そして、無料体験レッスンの申し込みをしました。

 

侍エンジニア塾 事務局
このたびは、お問い合わせをいただきありがとうございます。無料体験レッスンのご予約が確定いたしました。無料体験レッスンをご予約頂いた方だけの「特別特典」も付いておりますので是非一読くださいね。

 

「特別特典」は侍エンジニア塾の社長の著書でした。

 

 

 

この本には、プログラミング学習から、仕事を獲得するまでの道筋が、わかりやすい言葉で具体的に描かれていました。

 

海外就職以来、ずっと悶々とした気持ちで過ごしていたのですが、この本を読んだことで、人生が再び大きく動き出しそうな予感がしました。

 

▼無料体験レッスンに申し込んで、侍エンジニア塾の社長の本を読んでみる



 




カウンセリング中

カウンセリングでは自分の経歴や、プログラミングを学ぼうと思った動機などをお話していました。

 

また、侍エンジニア塾の卒業生の方の進路を詳しく質問していましたね。

 

キャリアコンサルタントの鈴木さんは、無理やり受講を押し付ける感じはまったくありませんでした。

 

しかし、自社のサービスに自信を持っている雰囲気はしっかりと伝わってきました。

 

鈴木さん
ホテルの仕事を続けながら、学習を進めてみるのはいかがでしょうか?

 

鈴木さんからいただいたアドバイスは、自分の考えていた事と一致していました。

 

 

 

カウンセリング後

カウンセリングをした後も、侍エンジニア塾の社長の本を読み込みました。

 

重要な情報を、自分の部屋のホワイトボードに書き写したりもしていました。

 

これからどういう行動をとればいいのか、それが明確になったのが嬉しかったですね。

 

パソコン1台で収入を得ることが、現実的になりました。

 

場所にとらわれない働き方をイメージ出来るようになりました。

 

本は無料体験レッスンを申し込めばもらえます。

 

▼無料体験レッスンに申し込む



 

 

最初は、ホテルの仕事を退職して、6ヶ月間一気にプログラミングを学ぼうと考えていました。

 

しかし、いきなり新しいことを始めるよりも、ホテルで収入を確保しながら、ゆっくりと学習に取り組んだ方が、楽しみながら続けられるような気がしたんですね。

 

ここは、オンライン学習のメリットを最大限生かす事にし、侍エンジニア塾に入塾することを決めました。

 




1ヶ月目

最初は、侍エンジニア塾から提供されている動画教材を中心に学習をすすめていました。

 

具体的には、HTML/CSS/JavaScript/Rubyです。

 

動画の中には、「Cloud9」とよばれる、WEBアプリケーション開発が簡単にできてしまうツールも紹介されていました。

 

 

このCloud9を使って、動画教材の内容を淡々と再現していました。

 

当時は、ドメインの取得やサーバーをレンタルする知識を持っていなかったので、Cloud9はとっても便利でした。

 

また動画教材とは別に、受講前に模写をしていた、「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」をCloud9で再現してみました。

 

カフェのホームページが出来上がって、達成感を味わうことができました。

 

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

メンターさん(以後、師匠)とのマンツーマンレッスンの日には、クラウドワークスに登録をする方法を教えてもらいました。

 

そして、クラウドワークス内にどんな仕事があるのかを眺めつつ、実際にライティング案件をこなして、お金の流れを体感してみました。

 

また師匠には、実際に仕事でやっているところを、画面共有で見せてくださいというお願いをしました。

 

 

師匠の作品(道の駅・イタリアンレストランのサイト)を見せてもらったことで、自分がこれから学ぶべきことが明確になりました。

 

さらに、ドメインを取得する方法や、サーバーを借りる方法も学びました。

 

使いやすいテキストエディタも、この時に教えてもらいました。

 

また、フリーのテンプレサイトを使って、Webサイトを制作をする方法も紹介してもらいました。

 

 

フリーの画像サイトも教えてもらいました。

 

 

教えてもらったテンプレサイトと画像サイトを使って、自分のプロフィールサイトを作ってみました。

 

さらに、仕事の時に使うチャットワークの使い方を教えてもらいました。

 

 

 

2ヶ月目

1ヶ月目に続き、侍エンジニア塾から提供されているRuby on Railsの動画教材を淡々と進めていました。

 

そして、ドメインとサーバーを自前で用意して、先月紹介してもらったテンプレを改造しながら、ホテルのサイトを作ってみました。

 

 

また、無料でロゴを作成できるサイトを教えてもらいました。

 

 

さらに、タブの左側に表示されるファビコンの作り方を学びました。

 

そして、美しいサイトやブログ、アプリを作るためのオープンソースソフトウェアであるWordPressのインストール方法を教わりました。

 

そこで、テンプレを改造して作ったホテルサイトのWordPressバージョンを作ってみました。(こちらのサイトは、のちに誤って消してしまいました。涙)

 

また、「スーパーリロード・tab+commandでの画面切り替え・control+左右での画面切り替え」などのMacでの作業効率を上げてくれる、ショートカットキーの操作を教えてもらいました。

 

これにより、作業効率が爆上がりしました。

 

 

3ヶ月目

3ヶ月目にある決断をしました。Ruby/Ruby on Railsの習得を保留にしたのです。

 

 

そのかわり、HTML/CSS/JavaScript/WordPressに時間とエネルギーを注ぎ込むことにしました。

 

Ruby/Ruby on Railsの勉強より、HTML/CSS/JavaScript/WordPressの方がやっていて楽しかったんですね。

 

師匠からは、WordPressでコンタクトフォームを作る方法を学びました。

 

辛い失敗を経験したのも、3ヶ月目でした。

 

WordPressのインストール方法を復習するため、同じドメインにインストールを試みたところ、ホテルサイトのWordPressバージョンに上書きされてしまい、時間をかけて作ったサイトが全部消えてしまいました。

 

いちかわともや
やってしまいました。。 新しいドメインを作り、そのドメインに再びWordPressをインストールしたところ、以前に作ったものが消えてしまいました。。いい経験ができました。

 

師匠
おめでとうございます。あまりのショックで立ち直れないかと心配しました。ぼくもなんどもなんどもWPを入れなおす羽目になることが多いです。 それで慣れていくのもアリです。

 

同じ過ちを犯さないように、WordPressのバックアップ方法を学びました。

 

さらに、WordPressの本を購入し、改造しながら旅行会社のサイトを制作しました。

 

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書2

 

さらにさらに、WordPressでブログサイト(本サイトとは異なる)を作ってみました。

 

少しずつ、自分にできることが増えている実感を持てるようになってきました。

 

そこで、バンコクのWeb系企業の求人票を見つけてきて、ここで働けるくらいの実力をつけたいと、師匠に相談をしました。

 

 

海外で仕事をするための専門性を身に付けたいというのが、僕がプログラミング学習を始めた動機の一つでした。

 

そこで、ECサイトをやってみようという事になりました。

 

最初は、WordPressをECサイト化するためのプラグインである、WP e-Commerceをインストールしてみました。

 

しかし、WordPressをECサイト化するよりも、ECサイトを直接インストールした方が便利という事で、EC-cubeのインストール方法を教えてもらいました。

 

 

そして、ペット骨壷のECサイトを作ってみました。

 

 

 

同じくECサイトのカラーミーショップの使い方を学びました。

 

 

そして、北欧雑貨のECサイトを作ってみました。

 

 

また、画像編集もできるようになりたかったので、無料ツールであるPhotopeaを紹介してもらいました。

 

 

 

4ヶ月目

師匠
クラウドワークスのコーディング案件に応募をしてみましょう!

 

4ヶ月目に入り、クラウドワークスのコーディング案件に初めて応募をしました。

 

師匠に、どういった案件が狙い目なのかを解説してもらいながら、いくつか応募をしたところ、コチラの案件を受注することができました。

 

居酒屋さんのサイトです。

 

納期がまでのスケジュールが短かったのですが、クライアントさんにも助けていただきながら、なんとか納品することができました。

 

この頃、画像を編集するためのツールであるPhotoshopも使いこなせるようになりたいという欲が出てきました。

 

そのことを師匠に相談したら。。

 

師匠
Photoshop待ってました。その日が来るのを待っていました。教えます!

 

早速Photoshopを購入し、インストールしました。

 

バナーやアイキャッチ画像を作りながら、Photoshopの基本的操作を学んでいきました。

 

 

また、Photoshopの本を購入して、手を動かしながら引き出しを増やしていきました。

知識ゼロからはじめる Photoshopの教科書 [CC2017 / CS6対応]

実務を初めて経験したこの1ヶ月間は、自分のレベルが、一気に上がった月になったような気がします。

 

 

5ヶ月目

クラウドワークスで2つ目の案件を受注しました。

 

情報商材を販売するためのランディングページです。

 

この時のクライアントさんは「カッコいいランディングページを作りたい。」という要望だったので、イメージを共有するために、動画を作りました。それがコチラです。

 

 

こちらのテンプレを改造して作りました。

 

 

たくさん修正が入って大変だったのですが、10日ほどで納品をすることができました。

 

コーディングをする前のデザインから提案できたことは、大きな自信になりました。

 

この時はまだ、レスポンシブデザイン(スマホ化)がよく分かっていなかったので、本を購入して学習しました。

 

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)

 

本の通りにサイトを作成し、レスポンシブを使いこなせるようになりました。

 

 

また、師匠の他の教え子さんを紹介してもらい、チャットワークを使って師匠の案件のお手伝いをさせてもらいました。

 

メンバーと共同で作業をするという体験はとても勉強になりました。

 

 

6ヶ月目

クラウドワークスで3つ目の案件を受注しました。訪日外国人向けのツアーサイトです。

 

コチラは、WordPressを使っての制作でした。

 

 

僕がデザインのひな形を用意している間に、クライアントさんには原稿と画像を準備してもらい、3ヶ月くらいかけて少しづつ作りました。

https://olomjapan.com/

 

この案件ではめちゃくちゃPHPを操作しました。ググりながら機能を追加したり、削除したり、試行錯誤しながらとても勉強になりました。

 

カレンダー機能を追加したり、SEO対策やセキュリティー対策もググりながら調べて実装できました。

 

さらに、決済機能をつけてほしいというクライアントさんからの要望もあったので、PayPal決済を利用することにしました。

 

自分でもPayPalビジネスアカウントを開設し、クライアントさんに操作方法を説明できるようにしておきました。

 

この案件は、師匠に頼らず、全て自力でこなすことができました。

 

侍エンジニア塾で6ヶ月間学んだことを、生かし切った実感をもてました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

侍エンジニア塾が、超実践的に学べるプログラミングスクールであることをお伝えできたかと思います。

 

6ヶ月間が終了する頃には、自力で案件を進めていけるだけの力も備わっていました。

 

僕が受講期間中に心がけていたことは、

 

「自分の課題をはっきりさせて、それをクリアしていくことを繰り返す。」

 

たったそれだけです。

 

 

プログラミングスクールを受講する意義は、先輩から正しい方向を示してもらえるところにあると思います。

 

せっかく時間とお金とエネルギーを注ぎ込むのであれば、努力した分しっかり成長したいですからね。

 

メンターの方を信じて、学習を楽しんでいけば大丈夫です。

 

 

毎日30分の継続です。

 

じっくりゆっくり、着実に進めていけば必ず力はつきます。

 

本記事を読み終えたら、まずは侍エンジニア塾の社長の本を読んでみてください。

 

無料体験レッスンに申し込めばすぐにもらえます!

 

▼無料体験レッスンに申し込む



 

本記事が、新しい一歩を踏み出すきっかけになれば、嬉しい限りです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です