【2020年版】SSL化の設定方法【WordPressブログの始め方❽】

みーちゃん

SSL化の設定ってどうやるの??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(Twitter: @tomochan8282)です。

 

SSL化の設定はカンタンです。

 

サーバーとWordPressの管理画面から、それぞれ設定を行います。

 

本記事では、SSL化の設定手順をわかりやすく解説していきます!

 

【2020年版】SSL化の設定方法【WordPressブログの始め方❽】

SSL化とは

SSL化とは、インターネット上のデータ通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。

 

 

SSL化をすると、URLの頭が「https」になり、南京錠マークが表示されます↑↑

 

Webサイトの訪問者に、見た目でも安心感を与えることができます。

 

またGoogleは、SSL化されたWebサイトを優先的にインデックスするとアナウンスしています。

参考>>HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

 

 

現在、SSL化されていないページには、警告が表示されるようになっています↑↑

 

つまり、あなたのWordPressブログにもSSL化は必須です。

 

SSL化の設定方法

ここからは、SSL化の設定方法を解説していきます。

 

本記事では、ロリポップ!で解説をしますが、他社のレンタルサーバーでも設定方法は同じです。

 

独自SSL証明書の導入

 

ユーザー専用ページより、「セキュリティ」>「独自SSL証明書導入」をクリック↑↑

 

 

「SSL保護されていないドメイン」のタブをクリックします↑↑

 

そして、「SSL化するドメイン(本記事では『tomoooya-lp.site』)」をチェックし、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

 

設定が完了するまで、1時間ほどかかる場合もあるので、少し待ってから次の手順に進みます。

 

 

「SSL保護されているドメイン」のタブをクリックして、設定したドメインが表示されれば完了です↑↑

 

※設定が完了する前に次の手順に進むと、Webサイトが真っ白になりますので注意をしてください。

 

WordPressアドレスとサイトアドレスの変更

 

WordPressの管理画面より、「設定」>「一般」に進みます。

 

そして、「WordPressアドレス」「サイトアドレス」のURLを「https://」から始まる形に変更します。

 

「http://○○」→「https://○○」

 

※ここで注意が必要です

 

「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」の部分に、別のドメインを書いてしてしまうと、管理画面が真っ白になり、WordPressが使えなくなります。

 

僕自身、サイトを作りこんだ段階で、これをやらかしてしまいました。

 

バックアップもとっていなかったので、かなりショックでした。

 

僕のようなことがないように、この作業は慎重に行ってください。

 

ちなみに、WordPressサイトのバックアップのとっておく方法はこちらです↓↓

 

最後に、「変更を保存」をクリックします。

 

プラグイン「Really Simple SSL」をインストール

次に、「Really Simple SSL」をインストールします。

 

「Really Simple SSL」は、WordPressサイトのSSL化に必要な作業を、ワンクリックで行ってるプラグインです。

 

 

「プラグイン」>「新規追加」より「Really Simple SSL」を検索します↑↑

 

「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」します。

 

 

このような画面が出現しますので、「はい、SSLを有効化します。」をクリックします↑↑

 

 

サイトを表示すると、SSL化になっています↑↑

 

これで、SSL化の設定は完了です!

 

収益化できるWordPressブログの始め方はこちら↓↓

 

Twitterでも、エンジニア向けの技術情報やブログ運営の方法など、役に立つ情報をわかりやすく発信していますので、よろしければフォローをお願いいたします↓↓

イチカワトモヤ@ホテルマンエンジニア(Twitter: @tomochan8282

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA