ブロックチェーンエンジニアに未経験から転職する方法【求人も紹介】

みーちゃん
ブロックチェーンエンジニアに未経験から転職したい!

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(@tomochan8282)です。

 

僕は2年間副業でフリーランスエンジニアをしています。

 

「ブロックチェーン技術」と言われても、よくわからないという方は多いのではないでしょうか。

 

今後ブロックチェーン技術は、あらゆる分野で大きな影響を与えます。

 

なぜなら、インターネットを超える革命的な技術だからです。

 

ブロックチェーン技術を使うと、データの不正や改ざんがされにくくなります。

 

不正や改ざんがされにくくなる理由は、ブロックチェーンがこれまでの管理システムのような一箇所集中型ではなく、複数のコンピュータで管理し合う分散型システムだからです。

 

 

今後、ブロックチェーンエンジニアの需要は確実に増えていきます。

 

そしてブロックチェーンエンジニアの求人もたくさんあります。

 

本記事では、ブロックチェーン技術の可能性とブロックチェーンエンジニアになる方法を説明していきます。

 

ブロックチェーンの仕組み

引用:ブロックチェーンが改ざんできない仕組み

 

「ブロックチェーン」は一言で言うと、「台帳」です。

 

生まれてから現在までの取引をすべて記録している「台帳」です。

 

「台帳」の1ページが「ブロック」です。

 

「ブロックチェーン」は、数百〜数千の取引が記載された「ブロック」からできています。

 

「ブロック」は暗号化して記録されます。

 

正しく記録されているか、チェックする作業を「マイニング」と言います。

 

「マイニング」は、インターネットがつながる環境さえあれば、自由に参加できます。

 

「マイニング」を行うユーザーたちを「マイナー」と呼びます。

 

「マイナー」の50%以上が正しいと判断したデータでなければ、「ブロックチェーン」に記録することはできません。

 

このように、すべてのユーザーが取引の記録を見ることが可能なので、「ブロックチェーン」は整合性の高い管理システムと言えるのです。

 

ブロックチェーンの可能性

従来の金融システムはどれも複雑なものばかりです。

 

しかし、ブロックチェーン技術を活用すると、従来の金融サービスよりも利便性の高いシステムを低コストに作ることができます。

 

またブロックチェーン技術は、保険・証券・不動産・シェアリングエコノミー・食品・医療などのさまざまな領域でイノベーションを起こす可能性を期待されています。

 

ブロックチェーン技術を活用している企業

すでにブロックチェーン技術を活用を進めている企業もあります。

 

ZEROBILLBANK(ゼロビルバンク)

 

ZEROBILLBANK(ゼロビルバンク)は、「社会貢献を評価するために0円札(ZEROBILL、ゼロビル)を発行したい」という理念のもと、ブロックチェーンとスマートコントラクトを「API」として利用できるプラットフォームを開発・提供している企業です。

 

スマートコントラクトとは
プログラミングに沿って契約が実行され、契約後の変更や不正を防ぐ仕組み。仲介者が必要ないので、契約の際のコストが大幅に減少する。

 

API
自分のソフトウェアに、他のソフトウェアの機能を埋め込むことができるようになる仕組み。例えば、GoogleマップのAPIを利用すれば、自分のWebサイトにGoogleマップを埋め込むことができる。

 

代表の堀口純一さんは、ブロックチェーン技術との出会いにより、見えない無形資産をデータとして可視化することで新たな価値を創出できると考えました。

 

ZEROBILLBANK(ゼロビルバンク)は、あらゆるデータをアセット(資産)として管理できる企業間プラットフォーム「ZBB CORE API」を開発しています。

 

 

Scalar

 

Scalarは、高い信頼性を有する独自のデータベースを活用して、デジタライゼーションの加速を支援している企業です。

 

ブロックチェーンと分散データベースを融合した分散型台帳ソフトウェア『Scalar DLT』を開発しました。

 

このプロダクトが革新的と言われるのは、従来のブロックチェーンでは難しかった、システム規模増大に対応できる高いスケーラビリティを兼ね備え、トランザクション単位でのスマートコントラクトを実装している点です。

 

スケーラビリティ
利用者や仕事の増大に適応できる能力・度合いのこと。

 

トランザクション
複数の処理を1つにまとめたもの。

 

スマートフォンの普及により、全世界で10億人以上がシステムにアクセスできるようになったこれからの時代に対応できる基盤システムとして、様々な業界から注目を集めています。

 

 

メタップス

 

メタップスは、「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」という理念のもと、人工知能やブロックチェーンといった新しいテクノロジーを駆使して新しい経済を作ることを使命としています。

 

ネットの普及により認識できるようになり、貨幣経済のあり方も大きく変わろうとしています。

 

コンピュータに、時間や空間といった眼に見えない価値もデータとして学習をさせて、人々の最適な意思決定を支える頭脳になることを目指している企業です。

 

 

ブロックチェーンエンジニアの求人

下記は、ブロックチェーンエンジニアの求人です。

 

引用:レバテックフリーランス

 

ブロックチェーンの技術が必要な領域は幅広いので、求人数も多く報酬も高額です。

 

ブロックチェーンエンジニアの求人には「ブロックチェーンを使いこなせること」が求められていますが、Webサービスを構築する技術を学んでおけば、ブロックチェーン技術を使ったサービスのメリットも見えてきます。

 

僕自身、未経験からWebサービスを構築する技術を侍エンジニア塾で学びました。

 

その時の記録をこちらの記事にまとめています。↓↓

 

 

未経験からブロックチェーンエンジニアになる方法

ブロックチェーン技術を習得する前に、Webやデータベースの基礎、サーバサイドの知識を学んでおくと、ブロックチェーン技術の理解がスムーズです。

 

これらの知識はプログラミングスクールを利用すれば、未経験者でも最速で学ぶことができます。

 

下記は僕がWebの技術を学ぶのにチェックしていたプログラミングスクールです。

 

Webの技術を学ぶのにチェックしていたプログラミングスクール

侍エンジニア塾
受講中に仕事の実績を作って、稼げるエンジニアになりたい方には

TechAcademy(テックアカデミー)
企業から評価も高く、自分のペースでエンジニアスキルを身に付けたい方には

TECH::EXPERT(テックエキスパート)
ストイックに勉強するための環境が用意されている超実践的カリキュラム

CodeCamp(コードキャンプ)
優秀な講師陣から安価にマンツーマンレッスンで学びたいなら

TECH::CAMP(テックキャンプ)
スクールの教材を5,000回以上更新しており、わかりやすさを求める方に好評!

Skill Hacks(スキルハックス)
エンジニアに転職できるスキルが身につくのに、圧倒的にコスパの良い69,800円

 

Webの技術を習得したら、いよいよブロックチェーン技術を学びます。

 

ここからは、ブロックチェーン技術を学べるエンジニアスクールを紹介します。

 

ブロックチェーン大学校

ブロックチェーン大学校は、ブロックチェーン技術に携わる経験を豊富にもつ講師の授業を受けることができるプログラミングスクールです。

 

 

これまで1000名以上の受講者が、ブロックチェーンの仕組みを学んでいます。

 

最速3ヵ月で実践的なブロックチェーン技術を習得し、コース終了時に受けられるスキルチェックを経て、技術者を必要としている企業に紹介してくれます。

 

4つのコースが用意されていますが、「エンジニアコースのブロックチェーン実践科」を受講するとブロックチェーンエンジニアに転職をする力が効率的に学べます。

 

オンラインでも受講ができるので、仕事をしながら自分のペースで学習を進めていくことができます。

 

ぜひ無料体験セミナーに参加をして、ブロックチェーンエンジニアになるための学習カリキュラムを体験してみてください。

 

 

テックアカデミー

TechAcademy(テックアカデミー)のブロックチェーンコースは、現役のエンジニアからビデオチャットでブロックチェーンを学ぶことができます。

 

 

カリキュラムを進めていくと課題が出題され、提出すると添削もしてもらえます。

 

完全オンラインなので通学をする必要がなく、仕事をしながらでも好きな時間に学習をすることができます。

 

通学スタイルのブロックチェーン大学校と比較をすると、かなり安価にブロックチェーン技術を学ぶことができます。

 

ブロックチェーン大学校との料金比較

テックアカデミー:239,000円

ブロックチェーン大学校:496,000円(WEB+教室受講)

 

現役エンジニアのパーソナルメンターがしっかりサポートをしてくれるので、続けられるか不安な方でも安心です。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のブロックチェーンコースで習得できるスキルは下記です。

 

ブロックチェーンコースで習得できるスキル
  • ブロックチェーン技術の基礎
  • ブロックチェーンのセキュリティ
  • 仮想通貨の仕組みの理解
  • ブロックチェーンの活用方法

 

現役エンジニアのパーソナルメンターにチャットで疑問点を聞けば24時間以内に回答がもらえます。

 

また、受講生限定の無料転職サポートもあるので、学んだスキルを即座に転職活動に生かすことができます。

 

コスパ重視の方は、テックアカデミーのブロックチェーンコースに申し込んで、ブロックチェーンエンジニアになる為の道を切り開きましょう。

 

 

TECH BOOST

TECH BOOSTは、エンジニアの人材育成分野に強い株式会社ブランディングエンジニアが運営するプログラミングスクールです。

 

 

通学することもできるので、ブロックチェーンエンジニア仲間を作って切磋琢磨しながら学びたい方にはオススメです。

 

プログラミングスクールの講師は、エンジニアスキルのある学生やスクールの卒業生であるケースも多い中、TECH BOOSTの講師は現役エンジニアが100%です。

 

カリキュラム内では、ブロックチェーンの基礎知識を習得することがメインですが、エキスパートコースではブロックチェーンエンジニアになるための実践的なスキルを学べるので、無料説明会で詳細を聞いてみることをオススメします。

 

 

下記はTechAcademy(テックアカデミー)のブロックチェーンコースとの料金比較です。

 

テックアカデミーとの料金比較

TECH BOOST:184,800円/入会金 29,800円/月

TechAcademy(テックアカデミー)のブロックチェーンコース:239,000円

 

初期費用はテックアカデミーよりもTECH BOOSTの方が安いです。

 

また、カウンセリング当日での申し込みで1万円割引、2人以上での申し込みで10%OFFになるので、うまく活用すればさらに初期費用を節約できます。

 

まずは無料説明会に参加をして、ブロックチェーンエンジニアのキャリアとカリキュラムについて相談してみましょう。

 

 

まとめ:未経験からブロックチェーンエンジニアになるには、エンジニアスクールを利用しましょう

いかがでしたでしょうか?

 

ブロックチェーン技術はさまざまな分野でイノベーションを起こし、セキュリティーの面でも需要の多い分野です。

 

ブロックチェーン市場は、今後これまで以上に伸びていきます。

 

しかし日本では、ブロックチェーンエンジニアが圧倒的に不足しています。

 

今のうちにブロックチェーン技術を学んでおき、希少性の高い人材を目指しましょう。

 

ブロックチェーン技術を学ぶにはプログラミングスクールを利用するのが効率的です。

 

どのスクールも無料説明会を開催していますので、ブロックチェーンエンジニアのキャリアについて一度専門家に相談してみましょう。

 

本記事で紹介しているプログラミングスクール

ブロックチェーン大学校
ブロックチェーン技術の経験を豊富にもつ講師から学ぶなら

TechAcademy(テックアカデミー)ブロックチェーンコース
コスパ重視でブロックチェーンエンジニアに転職するスキルを身につけるなら

TECH BOOST
通学しながら仲間と切磋琢磨して学びたい方には

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA