WordPressをローカル環境で立ち上げる一番簡単な方法【Local by Flywheel】

みーちゃん
WordPressをローカル環境で立ち上げる、簡単な方法はないのかな??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。ホテルマンエンジニアのいちかわともや(@tomochan8282)です。本日は、WordPressをローカル環境で立ち上げる一番簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

本記事を読めば、WordPressをローカル環境で立ち上げる一番簡単な方法がわかります。

未経験から
稼げるエンジニアになる
正しい方法

侍エンジニア塾なら、わずか6ヶ月で稼げるエンジニアを目指せます。IT業界が人手不足の今、思い切ってエンジニアになってみませんか?

 

WordPressをローカル環境で立ち上げる一番簡単な方法【Local by Flywheel】

◆もくじ

WordPressをローカル環境で立ち上げる一番簡単な方法【Local by Flywheel】

  1.  Local by Flywheelをダウンロード
  2.  Local by Flywheelを設定
  3.  ローカル環境で確認
  4.  ローカル環境で立ち上げたWordPressを共有




Local by Flywheelをダウンロード

最初に、Local by Flywheelのページへ行き、「FREE DOWNLOAD」をクリックします。

 

次に、①「Mac」か「Windows」を選択し、②「名前」と「苗字」を入力し、③「メールアドレス」を入力します。「電話番号」は記入しなくてもOKです。そして、「GET IT NOW」を押しましょう。

 

ダウンロードが始まりました。563MBのダウンロードなので、結構時間がかかります。僕は、17分間待ちました。

 

ダウンロードに成功しました。「dmgファイル」というものがダウンロードされました。ダブルクリックをします。

 

このような画面が開きます。「Local by Flywheel.app」を「Applications」にドラッグします。

 

Local by Flywheelを設定

アプリが出現しました。ダブルクリックで開きます。

 

「開く」でOKです。

 

この画面が、30秒ほど出現しますが、待っていれば大丈夫です。

 

 

「CREATE A NEW SITE」をクリックします。

 

サイト名を入力し、「CONTINUE」をクリックします。

 

「Preferred」で大丈夫です。「CONTINUE」をクリックします。

 

WordPressにログインする時の設定をします。「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力しましょう。「メールアドレス」はそのままで問題なしです。「ADD SITE」をクリック。

 

パソコンを起動する時のパスワードを入力します。

 

ローカル環境で確認

ついに、Local by Flywheelが立ち上がりました!「VIEW SITE」をクリックします。

 

最新バージョンのWordPressが、ローカル環境で立ち上がりました。

 

次に、「ADMIN」をクリックしてみます。

 

先ほど設定した、「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力し、ログインしてみましょう。

 

ローカル環境で、WordPressの管理画面が立ち上がりました。

 

ローカル環境で立ち上げたWordPressを共有

今度は、画面下方にある「ENABLE」をクリックします。

 

すると、URLが発行されました。このURLを使えば、クライアントさんとも、ローカル環境で立ち上げたWordPressサイトを、共有することが出来てしまうのです!

 

ただし、画面右上の「STOP SITE」をクリックしてしまうと、ローカル環境で立ち上げたWordPressサイトがストップしてしまうので、URLを使ったサイトの共有が出来なくなるので注意です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

未経験から
稼げるエンジニアになる
正しい方法

侍エンジニア塾なら、わずか6ヶ月で稼げるエンジニアを目指せます。IT業界が人手不足の今、思い切ってエンジニアになってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA