【徹底比較】iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクールは、ここだ!

みーちゃん
iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクールを知りたい!

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(@tomochan8282)です。

 

僕は2年間副業でフリーランスエンジニアをしています。

 

iPhoneアプリは僕たちの日常に欠かせないものになっています。

 

iPhoneアプリとは、アップル社のスマートフォン「iPhone」「iPad」上で作動するモバイルアプリのことです。

 

LINE・Twiter・FacebookなどのSNSからゲームに至るまで、iPhone・iPad用にプログラムされたiPhoneアプリは、生活やコミュニケーションを本当に便利にしてくれました。

 

日本においてiPhoneのシェアは圧倒的です。

 

スマホユーザーのうちiPhoneのシェア率は70%、Androidのシェア率は30%です。

 

一方、世界でのシェア率は、Androidが80%でiPhoneなどのiOSは10%です。

 

世界全体で見るとAndroidが7~8割を占めるのですが、日本市場だけiPhoneが逆転していす。

 

したがって、日本でアプリ開発エンジニアになるのなら、「iPhoneアプリ開発エンジニア」を目指すと、大きなアドバンテージを受けることができます。

 

そして「iPhoneアプリを開発したい!」と考えている方の多くは、「儲かりそう!」というイメージもお持ちだと思います。

 

結論からいうと、iPhoneアプリ開発は儲かります。

 

エンジニア専門エージェントのレバテックフリーランスを見てみると、アプリ開発エンジニアの案件は非常に多くあります。

 

 

下記をご覧ください。

 

引用:レバテックフリーランス

 

アプリ開発をするために、一定水準のスキルを身につけておけば、仕事を見つけることはそれほど難しくないのです。

 

しかし問題なのは、どうやってアプリ開発のためのスキルを身につければいいかということです。

 

本記事では初心者が「iPhoneアプリ開発」を学ぶための具体的な習得方法をご紹介したいとおもいます。

 

結論から言うと、アプリ開発のスキルを身につけるには、プログラミングスクールを利用するのが最も効率的です。

 

本記事で紹介しているプログラミングスクールをまとめておきます。

 

本記事で紹介しているプログラミングスクール

侍エンジニア塾
超実践的な学習を通して、オリジナルアプリを生み出したいなら

CodeCamp(コードキャンプ)
マンツーマンレッスンで比較的安価に「iPhone開発」を学びたい方には

TechAcademy(テックアカデミー)
週2回のサポートを受けながら、自分のペースでコスパよく「iPhone開発」を学びたい方には

 

iPhoneアプリを開発するための言語は?

iPhoneアプリは、「Xcode」というツールを使って、Appleが2014年に開発をした「Swift」という言語を用いて開発されていす。

 

以前は「Objective-C」という言語も使われていましたが、現在リリースされるiPhoneアプリの多くは「Swift」を使って開発されています。

 

したがって、「iPhoneアプリ開発」を学びたい方が習得する言語は「Swift」です。

 

iPhoneアプリ開発の技術を習得する方法

iPhoneアプリ開発の技術は、プログラミングスクールで身につける

iPhoneのアプリは普段から利用していても、開発言語である「Swift」には馴染みのない方も多いと思います。

 

ひょっとしたら、「本当に習得できるの?」と不安を感じるかもしれません。

 

結論からいうと、正しい方向性で学習を続けていけば、まったくの初心者でもアプリ開発を習得する事は可能です。

 

しかし、独学でアプリ開発の勉強を始めようとしても、何から始めれたらいいのかさっぱり分からないでしょう。

 

Progateのような無料で利用できるオンライン学習教材はたくさんありますが、アプリ開発の学習にはプログラミング言語の習得が必須になります。

 

ところがプログラミングは、独学をしても90%人が挫折をすると言われていますので、モチベーションを保ちながら学習を継続していくには、仕組みが必要となります。

 

そこでオススメなのが、プログラミングスクールを利用することです。

 

数あるプログラミングスクールの中でも、アプリ開発に圧倒的に強いのは侍エンジニア塾です。

 

 

なぜ、アプリ開発に侍エンジニア塾が強いのかというと、受講者自身が企画をしたアプリを作ることができるからです。

 

他のスクールのように、あらかじめ決まったカリキュラムをこなすのではなく、自分が作りたいアプリをまず決め、そこから逆算をして必要な技術を習得できるので、学ぶことすべてが超実践的なスキルになっているのです。

 

また、ベテランエンジニアがマンツーマンでサポートをしてくれるので、エラーが発生してもすぐに解決することができます。

 

エラーを解決するプロセスまでしっかり学べるので、数ヶ月の受講期間を終えた時には、自然と自走できる力が身についているのです。

 

僕も侍エンジニア塾を卒業したあとすぐに、フリーランスエンジニアになることができました。

 

侍エンジニア塾では、随時無料カウンセリングが開催されているので、「iPhoneアプリ開発」の習得方法について、専門コンサルタントに相談してみることをおすすめします。

 

オンラインで相談することも可能なので、下記から申し込んでみましょう。

 

 

無料カウンセリングではコンサルタントに以下の質問をぶつけてみましょう。

 

無料カウンセリングでする質問
  • 未経験だけど大丈夫か?
  • iPhoneアプリ開発を学んだ人の例
  • iPhoneアプリ開発を学べば給料は上がるのか?
  • 地方在住だけど問題ないか?

 

オンラインで相談することも可能なので、下記から申し込んでみてください。

 

 

最後に、侍エンジニア塾の詳細をまとめておきます。

 

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はプログラミングを使って「結果を出す」ことを目標にしたスクールです。

 

 

学んで終わりではなく、学んだことを活かして実践するところまで、徹底的に指導をしてくれます。

 

侍エンジニア塾を卒業したあと、すぐにフリーランスのエンジニアとして活躍できる方が多いのは、この実践主義のためです。

 

僕自身も侍エンジニア塾を卒業したあと、すぐにフリーランスエンジニアになりました。

 

 

受講生の中には、このようなオリジナルアプリを作れるまでに成長した方もいます。

 

Vegeres(ベジレス):「ベジタリアン向けのレストラン検索アプリ」

 

ICONIC:「有名人や人気インスタグラマーのコーデを知るアプリ」

 

レッスンは、オンラインとオフラインどちらにも対応していますが料金は変わりません。

 

僕は6ヶ月間オンラインで学習をしました。

 

オフラインの場合は講師と日時を合わせてカフェなどで勉強するイメージです。

 

侍エンジニア塾の受講生たちが非常識な結果を出せるのは、受講生の目標から逆算してカリキュラムを作っているからです。

 

最初の目標がフワッとしていると、なんのために学んでいるかわからなくなり、挫折をしてしまいます。

 

挫折を防ぐために侍エンジニア塾では、無料体験レッスンの段階から受講者の目標を徹底的に洗い出し、目標を明確にしてくれます。

 

僕自身、無料体験の時にもらった専門カウンセラーのアドバイスによって、学習の方向性が定まりました。

 

数社のプログラミングスクールで無料体験を受けましたが、学習に対するモチベーションがダントツにアップしたのが侍エンジニア塾の無料体験レッスンでした。

 

「iPhoneアプリ開発で儲けたい!」という熱い思いも、侍エンジニア塾なら受け止めてくれるはずなので、ぜひ無料体験を受けてみてください。

 

逆に、「なんとなくプログラミングを学びたい」と思っている人には、ちょっと雰囲気の違うスクールだと思いますので、最初から他のプログラミングスクールを検討してください。

 

下記から侍エンジニア塾の無料体験を申し込むことができます!

 

 

また、無料体験レッスンを申し込むと、下記の特典もあります。

 

侍エンジニア塾の無料体験レッスンの特典
  • 総額¥5,000のAmazonギフト券
  • 30分無制限で現役エンジニアに直接相談
  • 非売品の侍式独学メソッド

 

 

 

iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール2社

これまで、「iPhoneアプリ開発」を学べるプログラミングスクールとして、侍エンジニア塾を紹介してきましたが、「予算的にちょっと厳しい」という方もいらっしゃると思います。

 

ここからは、他社のプログラミングスクールを紹介していきます。

 

僕自身、他社スクールの体験レッスンをいくつか受けてみて、じっくり比較をしながらプログラミングスクールを選びました。

 

どのプログラミングスクールも無料体験に力を入れていますので、気になるスクールを見つけたら申し込んでみてください。

 

数十万円払って入塾したけど、思っていたカリキュラムと違っていて、辞めてしまうという話はよく聞きます。

 

無料体験ではカリキュラムの内容はもちろん、講師や会社の雰囲気も掴んでおくことが重要です。

 

本記事で紹介しているプログラミングスクール

侍エンジニア塾
超実践的な学習を通して、オリジナルアプリを生み出したいなら

CodeCamp(コードキャンプ)
マンツーマンレッスンで比較的安価に「iPhone開発」を学びたい方には

TechAcademy(テックアカデミー)
週2回のサポートを受けながら、自分のペースでコスパよく「iPhone開発」を学びたい方には

 

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)は、累計受講者18,000人の実績あるプログラミングスクールで、完全オンラインのマンツーマンスクールを提供しています。

 

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は、高い技術力と教育力を備えた現役のエンジニアです。

 

全員が「通過率10%の厳しい採用試験」を通過しています。

 

受講生からの評価制度があり、指導力の向上にも積極的で、レッスン満足度は94.6%と高いクオリティを実現しています。

 

プログラミングスクールのマンツーマンレッスンは高額になりがちですが、CodeCamp(コードキャンプ)では、比較的安価で提供されています。

 

侍エンジニア塾との料金比較(6ヶ月コース)

CodeCamp(コードキャンプ):328,000円

侍エンジニア塾:698,000円

 

コードキャンプで「iPhoneアプリ開発」を習得するには、「アプリマスターコース」の受講が必要となります。

 

「アプリマスターコース」は、プログラミング経験0からスマートフォンで使えるアプリを作るためのコースです。

 

アプリ開発に必要な環境構築から開発方法まで、実際にアプリをいくつか作りながら学び、自作アプリの公開を目指せます。

 

「CodeCampローン」という受講料の分割払いシステムもあるので、さらに初期投資を抑えたい方は、無料カウンセリングの中で相談してみると良いでしょう。

 

 

下記はCodeCamp(コードキャンプ)の口コミです。

 

 

 

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンを受講すると、「割引クーポン1万円分」がもらえます!

 

マンツーマンレッスンを提供しているプログラミングスクール自体少ないので、無料体験の中で講座の雰囲気をしっかり掴んでおくことが重要です。

 

 

 

テックアカデミー

最大手のプログラミングスクールTechAcademy(テックアカデミー) からも、「iPhoneアプリコース」がリリースされています。

 

オンラインレッスン形式で、週に2回メンターと進捗を確認しながら、オリジナルカリキュラムに取り組んでいく学習スタイルです。

 

マンツーマンレッスンではなく、自分のペースでカリキュラムを進めていきます。

 

他社アプリ開発コースとの比較

TechAcademy(テックアカデミー):289,000円(4ヶ月)

CodeCamp(コードキャンプ):328,000円(6ヶ月)

侍エンジニア塾:698,000円(6ヶ月)

 

TechAcademy(テックアカデミー)の「iPhoneアプリコース」の目標は、あなたのオリジナルiPhoneアプリを「AppStoreで公開すること」です。

 

「AppStoreで公開する」という目標があるので、学習のモチベーションを維持することができます。

 

テックアカデミーの「iPhoneアプリコース」で身につくスキル
  • アプリ開発の流れの理解
  • Xcodeの使い方とSwiftの理解
  • UIKitの理解とStoryboardでUIKitのパーツの配置
  • 開発における問題解決のアプローチ
  • 2Dゲーム向けフレームワークSpriteKitの理解
  • オリジナルアプリの開発スキル

 

下記は卒業生の作品です。

 

kist!:「手描きの絵を指の軌跡に沿って再生しながら送れるアプリ」

 

知識を「学ぶ」だけでなく、「実践する」ことを重視したカリキュラムを提供しているからこそ、TechAcademy(テックアカデミー)は数々の企業からも信頼されているのだと思います。

 

テックアカデミーの動画学習は、提携企業300社に導入されており、 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」を受賞しています。

 

また、学生の方はすべての講座に学割を適用させることができるので、最大31%割引で学習を開始する事ができます。

 

週2回のメンターサポートはありますが、基本的に自分で進めていく形になるので、独学でもやっていける自信のある方は、オリジナルiPhoneアプリを「AppStoreで公開する」ところまで学べる、TechAcademy(テックアカデミー)がおすすめです。

 

無料説明会の動画を公開しているのでこちらをご覧いただいたあと、実際に申し込んでみてください。

 

 

まとめ:iPhoneアプリ開発はプログラミングスクールで習得しましょう

いかがでしたでしょうか?

 

iPhoneアプリ開発の技術を習得するのなら、プログラミングスクールで学習をするのが効率的であることをお伝えできたかと思います。

 

あなたにピッタリのプログラミングスクールは見つかりましたか?

 

プログラミングスクールを実際に利用するとなると、何十万という初期投資が必要になってきます。

 

僕のところにも時々、「侍エンジニア塾って実際どうなんですか?」というお問い合わせを頂きます。

 

なかなか大きな金額になりますので、入学をしたものの、万一自分のイメージと違っていたら大変な損失になってしまいます。

 

そのようなことを防ぐために、各プログラミングスクールは無料体験を用意しています。

 

どのプログラミングスクールも、無料体験にかなりの力を入れていますので、興味のあるスクールを2つ、3つ体験してから入学を決めてください。

 

本記事でご紹介をしたプログラミングスクールをまとめておきます。

 

本記事で紹介しているプログラミングスクール

侍エンジニア塾
超実践的な学習を通して、オリジナルアプリを生み出したいなら

CodeCamp(コードキャンプ)
マンツーマンレッスンで比較的安価に「iPhone開発」を学びたい方には

TechAcademy(テックアカデミー)
週2回のサポートを受けながら、自分のペースでコスパよく「iPhone開発」を学びたい方には

 

本記事をきっかけに、「iPhoneアプリ開発」のスキルを習得するための道筋が見えてきたら嬉しい限りです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA