返信メールでコンタクトフォームの条件分岐を使う方法【Conditional Fields for Contact Form 7】

みーちゃん
コンタクトフォームの条件分岐を返信メールで使う方法はないのかな??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。未経験から稼げるエンジニアになった、いちかわともや(@tomochan8282)です。本日は、コンタクトフォームの条件分岐を返信メールで使う方法をご紹介したいと思います。

 

本記事を読めば、コンタクトフォームの条件分岐を返信メールで使う方法がわかります。

未経験から
稼げるエンジニアになる
正しい方法

侍エンジニア塾なら、わずか6ヶ月で稼げるエンジニアを目指せます。IT業界が人手不足の今、思い切ってエンジニアになってみませんか?

 

返信メールでコンタクトフォームの条件分岐を使う方法【Conditional Fields for Contact Form 7】

◆もくじ

返信メールでコンタクトフォームの条件分岐を使う方法【Conditional Fields for Contact Form 7】

  1.  ドロップダウンメニューを作る
  2.  メールで条件分岐を設定する




 

▼コンタクトフォームのドロップダウンメニューに条件分岐をつける方法はコチラ

ドロップダウンメニューを作る

 

最初に、条件分岐付きのドロップダウンメニューを作ります。

 

メールで条件分岐を設定する

次に、「メール」タブを開きます。

 

メール内で、条件分岐をして表示させたいものを

 [group][/group]

で囲みます。

 

このように記述をすることで、「たこ焼き」のメニューである「ソース味・しょうゆ味・明石焼き」と、「焼そば」のメニューである「豚入り・イカ入り・エビ入り」が、返信メールで、同時に表示されることはありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

未経験から
稼げるエンジニアになる
正しい方法

侍エンジニア塾なら、わずか6ヶ月で稼げるエンジニアを目指せます。IT業界が人手不足の今、思い切ってエンジニアになってみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA