【Mac版】スクリーンショットのファイルを 「jpeg形式」で出力する方法

みーちゃん

スクリーンショットを「jpeg形式」で出力する方法はないの??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(Twitter: @tomochan8282)です。

 

ブログを書くとき、「スクリーンショット」はもっとも良く使う機能の一つです。

 

しかし、スクリーンショットは「png形式」で出力されるので、画像のサイズが重たくなってしまいます。

 

そこで、「png形式」を「jpeg形式」に圧縮する必要性が出てきます。

 

ところが、PhotoShopやオンラインの画像圧縮サービスを使うのは、手間がかかります。そして思うのです。

 

『スクリーンショットをした時に、「jpeg形式」で出力されれば最高だなぁ』と。

 

本記事では、Macでスクリーンショットをした時に、ファイルが「jpeg形式」で出力される方法をお伝えします。

 

【Mac版】スクリーンショットのファイルを 「jpeg形式」で出力する方法

 

「アプリケーション」>「ユーティリティ」をクリックします。

 

 

「ターミナル.app」をクリックします。

 

 

上記の画面が出たら、下記をコピー&ペーストします。

 

defaults write com.apple.screencapture type jpg

 

続けて、下記もコピー&ペーストします。

 

killall SystemUIServer

 

下記のようになっていればOKです。

 

 

以上で作業は完了です。

 

早速スクリーンショットを試してみてください。

 

以上が、Macでスクリーンショットをした時に、ファイルが「jpeg形式」で出力される方法でした!

 

Macで画面を収録する方法はコチラ↓↓

 

Twitterでも、エンジニア向けの技術情報やブログ運営の方法など、役に立つ情報をわかりやすく発信していますので、よろしければフォローをお願いいたします↓↓

イチカワトモヤ@ホテルマンエンジニア(Twitter: @tomochan8282

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA