#3トゥシューズペインターReeさん【インタビュー】

こんにちは。いちかわともや(@tomochan8282)です。

 

トゥシューズペイントというアートジャンルを、世界で初めて確立したReeさんにインタビューを行いました。

 

心に湧いてきたアイデアを形にし、世界にまで繋げていった、圧倒的な行動力。そして、試行錯誤の歴史。たっぷりと語っていただきました。

 

Reeさんの公式サイトはコチラ↓↓

reevere





もくじ

#3トゥシューズペインターReeさん【インタビュー】

  1.  ビジネスのことも
  2.  心からの作品づくりをしたい




#3トゥシューズペインターReeさん【インタビュー】

ビジネスのことも

 

予算の事とかもよく考えるの?

 

ある時から考えるようになった。最初はもちろん何も考えていない。

 

ここはちょっと聞きたい部分の一つだったんだよね。

 

Reeさん、ザッツ・アーティストって感じだからさ。ビジネス的な部分っていうのは、どういうふうに考えてるのか。

 

いろんな方に助けてもらったの。どうにか交渉をして。必要なんです!みたいな。

 

アーティストとして、どうやっていくかなんてわかんないし。情熱だけで、どうにかしてお金を作って。

 

自分が働いて貯めるっていう方法もあるんだけど、それは待ってられない。もし自分が20代前半とかなら、そうやっていくんだけど、もう25過ぎてたから。

 

自分を魅せる仕事してる人ってさ、歳とってきたら結構致命的なのよ。おばちゃんになったらね、誰も見向きもしてくれないだろうからさ。

 

急がないと、急いでなんとかしないとって。

 

そんなことまで考えていたんだね。

 

出世払いでって言って、いろんな人に助けてもらって。ただそんなのって、長く続くわけないじゃん。

 

それでビジネスのことを考え出したのが、2年前ぐらい。

 

トゥシューズペイントが生まれて、2年後くらいだね。

 

そうだね。自分の中で、テクニックが確立されてくると自信にもなってくるし。これで稼ぐこと、これで食っていくこともできるぞって。

 

本当に情熱と感情だけでやっていたからさ。しっかりビジネスのことも考えなきゃなって。

 

必要性が出てきたわけだ。

 

うん。

 

去年は結構ビジネスセミナーに通った。

 

ほんと!

 

個人事業主と呼ばれる人たちが集まってさ。大きめな組織の、いろんなのに行ったね。

 

勉強になったと言えばなったんだけど、難しいね。

 

それをやりすぎて実は今、私にしてはちょっと情熱の炎が弱くなっている。去年はロウソクくらいになっちゃって。

 

なんと!

 

あー消える消えるみたいな。絶対消えないように頑張ってて。今年に入ってからまた弱火ぐらいになって、ちょっとずつ復活してるんだけど。

 

収支を合わせるっていうのは大変なのよ。アーティストはね、考えちゃいけないなって思った。できる人もいる。器用に。

 

そういう人がやっぱり売れていくアーティスト。もしくは、いいマネージャーがいる。

 

私みたいな感情だけで突っ走ってるタイプは、自分で収支合わせるっていうのは厳しい。

 

違う能力だよね。

 

全然違うね。

 

ちょっとこれは、今までとは違う種類の悩みだよね。表現的な部分ではなく、ビジネス的な。

 

そうなの。今そこなんだよね。

 

自分のレベルが、上がってきたからこそ出てくる、新しい課題。

心からの作品づくりをしたい

 

今年は、収支合わせるのを、あまり意識しすぎないようにしようと思ってる。

 

あと何かね、社会貢献したくなってるのね。ずっとやりたい放題やってきたから。人の役に立つことがしたい。

 

ビジネスセミナーの洗脳かもしれないんだけど、人が助けてほしいことをやるっていう。仕事ってそうだよね。

 

そうだね。

 

今日のワークショップでは助けてもらいましたよ。参加者の皆さんの心と身体をほぐしてくれたじゃない。子供時代に戻る価値を提供してくれた。

 

紛れもなく人に対する貢献だよ。

 

ははは。今度はチャリティーイベントでワークショップをやるんだけど、ぐっと値段が下がるの。参加者は1500円。

 

利益出ませんね。

 

半分がチャリティーにいくから。材料は750円以内で用意しなきゃいけない。

 

ガラスの一輪挿しじゃなくて、紙コップのような入れ物でもいいって言われたんだけど、もっといい別のものを探してる。

 

あ、こういうのでもいいよね。(テーブルの上を指さす)

 

キャンドルか。

 

うん。これいいかもって思った。今。

 

色ついたら綺麗そう。

 

見つけちゃったね!紙コップより全然いいよ。

 

ありがとうございます!

 

そう。社会貢献型だと、アーティストっていう立ち位置はちょっと稼ぎづらい。そういうのがあって、またBunkamuraで働こうって思ったのね。

 

Bunkamuraのギャラリーだっけ。

 

うん。絵の勉強のためと、定期的な収入のため。

 

今年は自分のアート活動で、収支を考えながらも、心からの作品づくりをしたい。

 

今日のワークショップ、もうちょっと値段上げても参加する人いるんじゃない?

 

昨日も、5000円ぐらいでも良いって言われたんだけど。

 

そこができればね。私はビジネスマンになれるんだけどね。なんか難しいよね。

 

いい材料使ってるもんね。

 

自分のプロモーションにもなっているからね。

 

でも今日は楽しかった。本当に面白い人が来てくれて、感受性がすごく豊かで集中力高かった。

 

みんな入り込んでたね。俺も瞑想状態だったよ。

 

あんなに長い間見守ってたのは初めて。結構、サポートに入るケースが多いんだ。だいたい10分15分で終わっちゃうんだけど、今日はみんなどこまでやるんだろうって。

 

どこまで見守れば大丈夫なのか、終わりが分からなくて。本当に心から没頭してる感じだった。

 

止まらなかったね。

すごいよかった。

 

まあでも、あれだよね。面白いよね。直面する課題も、年齢とともに変わってきてさ。

 

今はビジネスの課題。これに向き合ってきたことによって、めちゃくちゃレベル上がっちゃってるしね。

 

これ結構、難関だね。

 

自分だけじゃ解決できないからね。

 

そっか。

 

そう。今までは、自分の行動を変えれば解決ができてたんだけど、今回は自分のレベルを超えたところに解決策がある。

 

なるほど。

 

ホントにすごい行動してるんだよ。でもなかなか状況が変わっていかないのね。

 

今までは、一人でやっていたから、自分の内面を変えれば、外もぱっと変わっていった。ところが今回は、人と人とが大きく関わってやってくところに来ている。そりゃなかなか結果が出ないはずだ。当然なんだね。

 

そういえば、靴の会社とイベントやっている時あったよね?

 

あったあった!SORELね!

 

これ、いいね。

これすっごい練習したんだ。私はスニーカーで踊ったことがないんだよ。

 

バレエとは勝手が違うよね。

 

そう。色々考えて。

 

一番スニーカーに合うのはヒップホップなのね。地面を足の裏でバンバン踏むようなのが多いから。

 

イベントまで1ヶ月くらいの期間があったかな。もう自分流のダンスで、ドヤ顔でやるしかない。

 

むっちゃ絵の具使ったね。材料費かけすぎてマネージャーびっくりしてた。笑

 

その辺りの採算は、任せてくれたんだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA