4ヶ月、無職でフラフラしていた時の話【必要な時間でした】

みーちゃん

仕事が減って時間がある。でも有意義な時間の使い方がわからない。

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(Twitter: @tomochan8282)です。

 

僕は31歳のとき、4ヶ月ほど無職でした。

 

19歳のときからずっと仕事をしていたので、それは人生ではじめての経験です。

 

最初は、時間を持て余しすぎて、何をすればいいのか分かりませんでした。

 

「何かしなければ」と行動を起こしても、すべて空回りしてしまいます。

 

いま、コロナウイルスの影響で急に仕事がなくなってしまい、一体何をすればいいのかわからずに、戸惑っている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

本記事では、空回りしながらも人生を好転させるきっかけを手に入れた、当時の僕のエピソードをお伝えしていこうと思います。

 

なぜ無職になったのか

海外就職をしましたが、3ヶ月で帰国しました。

 

転職をして、張り切ってバンコクに移住をしたのですが、見事に挫折をしたのです。

 

このときのことは、コチラの記事をご覧ください↓↓

 

 

この先、思い描いていたキャリアが白紙になり、失意のまま帰国をしました。

 

林業の講習会に参加する

退職を決めてから、すぐに次を探さなければという焦りがありました。

 

宿泊費もすべて県から補助が出る、「林業講習会」が金沢で実施されることを見つけたので、帰国をする前に申し込みました。

 

そして金沢に向かったわけですが、暖かいバンコクから急に寒い北陸にやってきたのが原因なのか、自律神経が乱れました。

 

さらに、突然身体にたくさんの湿疹が出てしまいました。

 

その不安からか、呼吸も苦しくなり、タクシーに乗って病院に向かいました。

 

林業講習会は1日だけ参加をしましたが、とても2週間のカリキュラムをこなせる心理状態ではなかったので、福井県にある祖母の家に行くことにしました。

 

祖母の家に居候

しばらく福井県の祖母の家で暮らすことにしました。

 

祖母は30代で離婚をし、旅館で仲居として働きながら、女手1つで父と叔父を大学まで進学させてきた最強ばーさんです。

 

僕がタイで仕事をしていたことも、全力で否定されました。

 

そして、「福井で仕事を探せ」と言いはじめました。

 

あまりのストレスから、僕はタバコを吸い始めました。

 

宮前のおっさん

ある日、祖母の家におっさんが出入りするようになりました。

 

おっさんの名前は「宮前よしお」さんと言い、年齢は90歳です。

 

突然、玄関から勝手に入ってきて居間でくつろぎ始め、祖母と僕とおっさんの3人でご飯を食べます。

 

福井では有名な会社の創業者らしく、おっさんの伝記を読まされたり、過去の伝説を聞かされたりしました。

 

おっさんは毎朝、近所を車で徘徊(ぐるぐる)します。

 

そして、散歩をしている僕を見かけると、一緒に家に入ってきます。

 

ある日、高速道路を一緒にドライブしました。

 

90のおっさんの軽自動車で、北陸自動車道をぶっぱなすのです。

 

あとから知ったのですが、どうやらおっさんは祖母の「元カレ」だったようです。

 

1ヶ月ほど福井で過ごしたあと、名古屋の実家に戻ることにしました。

 

英語の勉強に取り組む

実家に戻っても、ぜんぜん仕事をする気にはなれませんでした。

 

時間を持て余したくなかったので、TOEICの公式問題集を買ってきて、毎日8時間の英語学習していました。

 

ところが、英語を使う目的を見失っていたので、1週間くらいで挫折をしました。

 

福祉業界の職場体験に行く

良い機会なので、地元を再発見することにしました。

 

せっかく12年ぶりに地元に戻ってきたのです。

 

地域の広報誌を見ていると、「福祉業界の職場体験ツアー」があったので参加をしてみました。

 

障害者の雇用に積極的な職場をバスで移動して見て回るツアーです。

 

おばさま達がたくさん参加していました。

 

福祉業界は素晴らしい仕事だと思いましたが、僕はワクワクを感じることができませんでした。

 

この先どうしようかと、余計に先が見えなくなりました。

 

タバコをやめる

タバコは3時間に1本吸わないと、気分が落ち着かない状態でした。

 

「タバコは心のお釈迦様へお線香」と考えていたのですが、さすがにタバコを吸いすぎると胃がムカムカします。

 

吸っているときは気分が良いのですが、吸い終わると気分はさらに沈みます。

 

いちいち気分をタバコに左右されるのが嫌になったので、タバコは金輪際吸わないことにしました。

 

自動車免許をとる

自動車免許を取得することにしました。

 

実は僕は25歳の時に、免許の更新を忘れており、一度運転免許が失効しているのです。

 

また、運転には苦手意識がありましたし、ずっと東京に住んでいたので「まあいいや」と放置していました。

 

しかし、地方都市では免許がないと不便です。

 

「免許を取り直すなら今しかない」と自分を奮い立たせ、教習所に通いました。

 

学科も実技も楽しかったです。

 

生活のリズムを作れました。

 

しかし、教習所に通う道で事故にあってしまいます。

 

横断歩道を渡っていたところ、スピードを出して右折してきた車に跳ね飛ばされたのです。

 

幸い受け身を取れたので、打撲ですみました。

 

「曲がるときは必ず徐行する」大切さを、身を持って体験できました。

 

仮免も本免も一発合格し、無事に免許を取り直すことができました。

 

朝と夕方のおさんぽ

毎日、早朝と夕方に散歩をするのが楽しみでした。

 

季節のいい匂いや、花の色を見てほんとうに心が癒されました。

 

田んぼ道を歩きながら呼吸に意識を集中させると、すごく頭がスッキリしました。

 

そして、散歩から帰ってきてシャワーを浴びるのは爽快です。

 

地元を再発見する喜びを感じながら、少しずつ自律神経の乱れも戻ってきました。

 

ネコと遊ぶ

ネコのみーちゃんには本当に癒されました。

 

東京で暮らしていた時は、僕が帰省をするとみーちゃんは隠れてしまっていたのですが、1ヶ月くらい一緒に生活をするようになると懐くようになりました。

 

座って読書をしているとひざに乗ってきますし、朝は扉を叩いて起こしにきてくれます。

 

ネコはハマります。

 

個人商店で働きたい!

無職生活を3ヶ月ほど送っていると、さすがに働きたくなってきました。

 

タイに転職をした時、謎のメールエラーが頻繁してストレスがたまっていたので、パソコンを使う仕事はしたくありませんでした。

 

また、企業相手ではなく個人相手の接客業で、大きい会社よりも個人商店の方が面白そうだと考えました。

 

そして、閑静な場所にあるビジネスホテルで面接を受けたところ、1週間後に内定をいただきました。

 

まとめ:無職を楽しみましょう!

いかがでしたでしょうか?

 

実は昨年、福井の祖母が亡くなりました。

 

最後の数ヶ月は、一緒に名古屋の実家で暮らしていました。

 

そして、僕のエンジニアの仕事を見ながら、

 

「いい仕事みつけたねぇ」と繰り返し言っていました。

 

福井で暮らしていた時は、厳しいことも言われましたが、祖母と過ごせた1ヶ月はいい思い出です。

 

仕事が急になくなるのは、シンドイと思います。

 

何をやったらいいのかわからず、戸惑うと思います。

 

でも焦らなくても良いんです。

 

ゆっくりおさんぽでもしましょう。(今は、早朝とか夜の時間で^^)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

追伸

エンジニアスキルを身につければ、このような時でも知識を蓄積できます。

 

インターネットに繋がれば、パソコン1台で仕事ができます。

 

ブログを書いたり、Webサイトを作ったり、やることは無限に見つかるでしょう。

 

コチラの記事は、僕がビジネスホテルで仕事をしながら、エンジニアスキルを身につけた記録です。↓↓

 

よかったらお読みいただけると嬉しいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA