アジアで仕事を探すなら、GJJに相談しましょう!【タイ転職を実現】

みーちゃん
あぁ〜海外で暮らしてみたいなあ。海外で仕事見つける時って、みんなどうしてるんだろう?
いちかわともや
海外で働くには、現地の人材エージェントに登録をして情報を集める必要があるんだ。
みーちゃん
へぇ。でもみーちゃん、人材エージェントって使った事にゃあし、どえりゃあ不安。
いちかわともや
大丈夫!GJJを使えば、初めての海外就職でもしっかりとサポートしてくれるよ!
こちらの方のための本記事です
  • 海外就職に興味がある
  • 自分のキャリアを棚卸ししたい
  • 何となく日本で生きていくことが不安




こんにちは。いちかわともや(@tomochan8282)です。本日は、僕がアジアで仕事を探し、タイ転職を実現させた方法を共有していこうと思います。

 

本記事を読めば、アジアで仕事を探す方法がわかります。

 

僕は、2015年の6月にタイ移住をし、大手人材紹介会社に転職をしました。

 

タイに移住する前は、東京の劇場で接客業をしていました。海外と接点のある企業で勤めていたわけでもなければ、正社員でもありませんでした。

 

そんなある日、図書館である本を見つけました。

アジア転職読本


森山たつをさん著の「アジア転職読本」です。

 

それまで、アジアで仕事をするという発想はなかったので衝撃でした。漠然と海外で働くことに興味はあったものの、その方法がわかりませんでした。

 

しかし、この本を読んで、英語さえ身につけてしまえば、自分にもできるかもしれないと思えるようになりました。

 

そこで、6ヶ月後にTOEICを受験する目標を立てました。

 

▼700点を取得したTOEICの学習法はこちら

 

6ヶ月後、TOEICで695点を取得しました。

 

そして、転職を実現させるために、「アジア転職読本」の中でも紹介されていた、グローバル人材塾(以後、GJJと記載します。)という会社を尋ねることにしました。




◆もくじ

アジアで仕事を探すなら、GJJに相談しましょう!【タイ転職に成功】

  1.  GJJとは
  2.  海外就職カウンセリング
  3.  GJJのサービス

アジアで仕事を探すなら、GJJに相談しましょう!【タイ転職に成功】

1.GJJとは

GJJは、国境を超えた就職、転職を支援する国内唯一のキャリア支援会社です。

 

 

国内外の70社を超える人材エージェントと業務提携をしていて、求人情報を含めた海外就職に関する圧倒的な情報を使って、効率的に就職・転職活動をサポートしてくれます。

 

CEOの田村さつきさんは、人材業界が日本にまだ馴染んでいない時代から、業界に身を置いていらっしゃった伝説的な人物です。

 

早速、海外就職カウンセリングの申し込みをしたところ、すぐにお返事をいただけました。

 

田村さん
お世話になります。GJJ海外就職デスクの田村さつきと申します。海外就職カウンセリングへのお申し込みを頂きましてありがとうございました。アジアで働くことについてじっくりお話できればと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

2.海外就職カウンセリング

カウンセリングでは、僕のそれまでの経歴や地道に英語を身につけたことなどをお話しました。非正規雇用の形態が長かったので、日本社会でキャリアを作って行くことの不安なども語っていた記憶があります。

 

そして、海外で仕事がしたいんです!という情熱を伝えていました。

 

そしたら奇跡が起きました。

 

田村さん
タイの人材紹介の仕事で、ちょうどポストがあるんですが、市川さん興味ありますか?

 

いちかわともや
え、本当ですか!?めちゃくちゃ興味あります。実は学生時代、人材業界を志望していたんです。

 

カウンセリング初日に、海外就職の方向性が決まりました。

3.GJJのサービス

GJJには3つのプランがあります。

僕は、1のスタンダードプランに申し込みました。

スタンダードプランに入ると、上記の5つの講座を受けることができます。

 

特に印象に残っているのは、海外就職実現者へのスカイプインタビューでした。僕の時は、マレーシア在住の女性だったのですが、「マレーシアでも特に不便は感じていない。」「ずっと海外にいるつもりはない。」「日本だったらどこででもやっていける自信がある。」とおっしゃっていたのが、印象的でした。

 

さらに、履歴書と職務経歴書の作成サポートもあります。

 

こちら(↑)は実際に僕が海外就職の際に使った職務経歴書です。

 

田村さんにカウンセリングを受けながら、4日間かけてじっくりと作成をしました。自分が取り組んできたことが、田村さんの魔法によって、生きた経歴となっていくプロセスは感動ものでした。

 

以前使っていた、自作の職務経歴書(↑)がうんちに見えます。

 

また、英文職務経歴書のテンプレートをいただけるので、日本語の職務経歴書をもとに作成することができました。添削もしてもらえます。

 

さらに、面接対策の用紙もいただけます。これをもとに、面接で話す内容などをまとめていきました。

 

そして驚くべきことに、初回カウンセリングが2015年4月1日だったのですが、その15日後に面接をすることが決まりました。

 

 

さらに、初回カウンセリングから1ヶ月半後には内定、3ヶ月後には入社という驚異のスピード感でした。

▼僕が海外就職で学んだことはこちら

これこそが、国内外の70社を超える人材エージェントと業務提携をしていて、海外就職に関する圧倒的な情報を持っているGJJの凄さなのです。

今の僕にとって、アジアで働くという選択は現実です。3年前にGJJへ行き、海外就職を実現できたことで、自分の当たり前基準が大きく変わりました。

本記事のまとめ
  • 「アジア転職読本」を読む
  • GJJで海外就職カウンセリングを受ける
  • GJJのスタンダードプランに申し込む

少しでも興味のある方は、いますぐにGJJの海外就職カウンセリングに申し込みましょう!アジアで仕事を見つけることは、小さな勇気で実現できます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼バンコクで家を探す方法はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です