【実体験あり】スパトレ英語トレーニングの評判と口コミ

みーちゃん

スパトレの英語トレーニングってどんな感じなの??

 

そんな疑問に答える本記事です!

 

こんにちは。いちかわともや(Twitter: @tomochan8282)です。

 

スパトレは普通のオンライン英会話サービスではありません。

 

第二言語習得理論をもとにしてカリキュラムが作られている、超実践的な英語トレーニングサービスです。

 

半年くらい本気で取り組めば、英語で仕事ができるレベルには余裕で到達できると思います。

 

本記事では、僕自身の体験談をもとに、スパトレ英語トレーニングのサービスを分析していきます。

 

【実体験あり】スパトレ英語トレーニングの評判と口コミ

スパトレとは

 

スパトレは、第二言語習得理論・認知心理学・脳科学の最新研究から開発された、世界初の英語トレーニングサービスです。

 

最新科学を応用して作られた独自のメソッドは、3年間の実証実験を経て生みだされました。

 

2019年4月に、スパトレ株式会社がサービスの提供を開始しています。

 

これまでの英語学習の問題点

いざ英語を勉強しようと思っても、どこから手をつければいいのか迷いますよね。

 

やみくもに英語の映画を観ていても聞き取れるようにはなりませんし、販売されている英語教材はレベルも目的もバラバラです。

 

通学型の英会話スクールに行っても、カリキュラムの決まった集団授業なのでレベルが合わないことも多いです。

 

オンライン英会話では、外国人と話す実践はできますが、ある程度の英語知識が必要です。

 

スパトレの学習法

 

スパトレではまず、知識データベースの獲得を目指します。

 

データベースとは

使いやすい形に整理された情報のかたまり。

 

英語力を上げるには、「読む」「聞く」を基本とした知識データベースが必要です。

 

第二言語習得理論から開発されたスパトレのトレーニングでは、学習時間の大部分を知識データベースの獲得に当てます。

 

実践力を獲得するための6つのスキル

英語の実践力を獲得するには、知識データベースだけでは不十分です。

 

「読む」「書く」「話す」「聞く」ために必要な、下記6つのスキルを高める必要があります。

 

・音や文字を情報として認識する力(言語認識)

 

・音や文字をイメージや意味と結びつける力(意味理解)

 

・単語や文法の知識を使い、文を組み立てる力(組み立て)

 

・正しいスペル構成で書く力(記述)

 

・正しい発音で伝える力(音声化)

 

・相手に応じて適切な受け答えをする力(インタラクション)

 

初回レッスンでいまの実力を把握する

 

スパトレの初回レッスンでは、上記6つのスキルを基準として実力を測定します。

 

限られた時間で成果を出すには、いまの実力を正しく把握し、適切なレベルで学習を行うことが不可欠だからです。

 

実力テストの結果をもとに、日本人サポートスタッフがあなたに合った市販教材を紹介してくれます。

 

あなたの実力に応じた最適な学習方法も教えてくれますので、実践力を大きく伸ばすことができてしまうのです。

 

スパトレの教材について

引用:スパトレ公式サイト

 

スパトレでは基本的に、市販の教材を利用します。

 

市販教材の便利な点は、あなたのレベルや目的にあわせて自由に選択できることです。

 

英語を学ぶと言っても、「海外旅行で外国人と話せるようになりたい」「資格試験で目標点数を取得したい」「ビジネスで使える英語を身につけたい」など、目的によって学習内容は大きく変わってきます。

 

教材や学習方法に関する相談は、何度でも日本人サポートスタッフに相談することができます。

 

スパトレのトレーナーについて

スパトレには、フィリピン人トレーナーを中心に、多くの優秀なトレーナーが在籍しています。

 

トレーニングは、英語で1対1で行います。

 

スパトレのトレーナーは、英会話だけでもレッスンを進めていけるように訓練を受けていますので、初心者の方でも安心です。

 

レッスン内で、あなたが学習した内容についてのチェックを行いフィードバックをくれます。

 

Skypeを使ったレッスン

 

スパトレのレッスンは、Skypeを使って行います。

 

レッスン内容はすべて録画され、レッスン終了後にトレーナーから動画が送られてきますので、復習をするときに便利です。

 

これは他のオンライン英会話にはないサービスです。

 

WiFiの電波が弱かったりすると、レッスンの途中で音が途切れることがありますが、すぐにかけ直せばオッケーです。

 

スパトレ英語のプランと料金

ここからは、スパトレのプランと料金について解説をしていきます。

 

スパトレプラン

 

スパトレプランは、気軽にトレーニングを継続したい方向けのプランです。

 

1日1回だけレッスンを予約することができ、英語学習を始めやすく、継続しやすい価格設定になっています。

 

スパトレプラン・・・2,980円 / 月

 

無制限プラン

 

無制限プランは、集中して一気に実力をつけたい方向けのプランです。

 

24時間365日何度でもトレーニングすることができ、実力を一気に引き上げるために、集中して取り組みたい方におすすめです。

 

無制限プラン・・・4,980円 / 月

 

料金は会員登録完了から7日経つと、登録したクレジットカードから自動で引き落としされます。

 

7日経つ前に退会をすれば、引き落としされることはありません。

 

プラン料金とは別に、トレーナーから紹介された市販教材は自分で購入をする必要があります。

 

 

スパトレ体験者の評判を分析

ここからは、スパトレ体験者の評判を分析していきます。

 

スパトレ体験者の声

引用:スパトレ公式サイト

 

最初に、スパトレを実際に体験した方の声をまとめます↓↓

 

・少しづつ長い文章をその場で作れるようになった

 

・思ったことを表現できるようになった

 

・英語試験のスコアが伸びた

 

・「英語を話す」アレルギーがなくなった

 

・留学に必要な目標点数に到達することができた

 

・留学選考の直接対策をしてもらった

 

・英単語すら出てこなかったので、学習効果に驚いている

 

スパトレ体験者の口コミ

次に、スパトレを実際に体験した方のツイートを紹介します↓↓

 

 

まずは気軽に、スパトレの無料体験を受けてみて、英語トレーニングの雰囲気を味わってみませんか?

 

 

スパトレの無料体験を申し込む方法

ここからは、スパトレの無料体験を申し込む方法を解説していきます。

 

 

スパトレ公式サイトへ行き、「無料で体験する」をクリックします↑↑

 

 

「いますぐ登録を始める」をクリックします↑↑

 

プランを選択し、「このプランを選択」をクリックします↑↑

 

 

「メールアドレス」「パスワード」を登録します↑↑

 

 

クレジットカードの情報を登録をします↑↑

 

クレジットカードの登録をしても、7日以内に退会をすれば、料金を請求されることはありませんので安心してください。

 

 

「学習の目的」「学習時間」に関する質問に答え、「Skype ID」を登録します↑↑

 

Skypeのインストールがまだの方は、コチラから行ってください。

 

 

最後に、「初回トレーニングの日時」「トレーナー」を選択します↑↑

 

 

予約が完了しました↑↑

 

スパトレの英語トレーニング体験談

最後に、僕が実際に、スパトレのトレーニングを受けてみた体験談を紹介します。

 

Google翻訳を使って自己紹介の準備

初回の実力テストを始める前に、トレーナーと話す時間があるだろうと考え、カンタンな自己紹介を用意しておきました。

 

まず日本語で作って、それをGoogle翻訳で英語化し、頭に入れておきました↓↓

 

初回実力テスト

実力テストの内容はわからなかったので、ぶっつけ本番で臨みました。

 

レッスン開始時刻ちょうどに、トレーナーからSkypeコールがありました。

 

担当してくださったトレーナーの英語は、ゆっくりではありませんでしたが聞き取りやすかったです。

 

最初に自己紹介をし、すぐにテストが始まりました。

 

テスト内容は「リスニング」「文法」「単語力」「長文読解」など幅広い内容で、モニターに問題が映し出されます。

 

問題に解答をすると、すぐに正しい答えを教えてもらえます。

 

すべてのテストが終了すると、25分間が経っていました。

 

Skypeを切るとすぐ、チャットボックスにレッスン動画が送られてきます。

 

動画を見返してみると、リアルタイムでは聞き取れなかったところでも、聞き取れる部分がありました。

 

実力テスト結果

 

レッスンが終了して6時間後に、実力テストの結果がメールに届きました。

 

いまの自分の実力が、8つの項目で詳しく診断されています。

 

今後のレッスンで使うおすすめ教材の紹介もありました。

 

おすすめの教材を購入

翌日、おすすめ教材を購入しました。

 

 

「日本語→英語→リスニング」の順で、本を3分の1程度使ってみました。

 

英語で書いてある内容は、ある程度わかりましたが、リスニングは早くてほとんど聞き取れませんでした。

 

日本人サポートスタッフに学習方法を相談

 

 

2回目のトレーニングを受ける前に、日本人サポートスタッフに学習相談の予約を入れました。

 

学習相談もトレーニングと同様に、Skypeを使って行います。

 

レッスン時間ちょうどに、サポートスタッフの方からSkypeコールがありました。

 

スパトレを始めた動機やテストを受けてみて感じたことを伝え、僕に合った学習方法を提案してもらいました。

 

また、

「教材を使って、どんな予習をすればいいのか?」

「トレーニング中は、どのように教材を使っていくのか?」

などを質問しました。

 

僕の場合は、リスニングが苦手なので、シャドーイングとディクテーションを使ったトレーニングの方法を教えてもらえました。

 

シャドーイング

英語を聞きながら、同時に音を真似して発音する学習法。

ディクテーション

英語の音声を聞き取って、一語一句書き起こしていく学習法。

 

また、スパトレオリジナル教材を使ったトレーニングも紹介いただきました。

 

レッスン(1回目)

1回目のレッスンは、「究極のビジネス英語リスニング」を使って行いました。

 

カンタンな自己紹介をしたあと、教材の内容についての質問がありました。

 

これは、予習をしているかどうかのチェックだと思います。

 

次に、

①トレーナーに続けて教材の英文をシャドーイング

②自分のオーディオを使ってシャドーイング

をしました。

 

教材のスピードが早くてついていけなかったので、一時停止をしながら行いました。

 

シャドーイングが上手くできなければ、区切りながらでもやってみることが大切です。

 

そして、

トレーナーがピックアップした単語とフレーズの発音

をしました。

 

最後に、役に分かれて英文を読みました。

 

教材の内容を予習しておかないと、スパトレの25分間のトレーニングを有効に使うのは難しいと感じました。

 

レッスン終了後にレポートがもらえる

 

レッスンが終了すると、トレーナーからフィードバックが送られてきます↑↑

 

「コメント」「よかったポイント」「改善ポイント」「語彙力UPポイント」がまとめられています。

 

トレーナーのフィードバックに使われている語句を覚えるのも、良い勉強になると思います。

 

レッスン(2回目)

 

2回目のレッスンも、「究極のビジネス英語リスニング」を使って行いました。

 

1回目のトレーナーはあまり笑顔がなくて怖かったのですが、2回目の方はとてもフレンドリーでした。

 

最初に、

「いまから言う英単語を他の言葉で言い換えてください」

という質問がありました。

 

次に、

①トレーナーに続けて教材の英文をシャドーイング

②自分のオーディオを使ってシャドーイング

をしました。

 

今回のトレーナーは、文を細かく区切ってゆっくり読んでくれたので、1回目よりもやりやすかったです。

 

次に、

トレーナーがピックアップしてくれた単語とフレーズの発音

をしました。

 

僕の場合は、「Wouldn’t that be late」が上手に発音できなかったので、何度も繰り返して読んでくれました。

 

最後に、教材の内容をふまえて

「あなたがこの状況だったらどう対応しますか?」

という質問がありました。

 

「あなたがこの状況だったら?」という質問には、あなたのボキャブラリーが増えるほど、洗練された英語で答えられるようになるはずです。

 

レッスン(3回目)

 

3回目のレッスンは、スパトレのオリジナル教材「コミュニケーションストラテジー 中級」を使いました。

 

この教材では「あー」や「えーっと」など、会話の間を埋める言葉を使ってスムーズにコミュニケーションを行うテクニックを学びます。

 

3回目のトレーナーも親切な方で、僕の言葉に対して丁寧なリアクションをくれる方でした。

 

トレーナーからは、

「いまから言う英単語を他の言葉で言い換えてください」

「このフレーズはフォーマルな場で使う表現か?カジュアルな場で使う表現か?両方で使える表現か?」

「この表現を使って何か話してみてください」

という質問がありました。

 

通常のオンライン英会話は、教材のカリキュラムを淡々と進めていくところが多いです。

 

しかしスパトレでは、教材の表現をただインプットするだけでなく、自分のシチュエーションに置き換えて使うところまでトレーニングできるので実践力が鍛えられます。

 

あなたもぜひ、スパトレの無料トレーニングを受けてみて、実践で使える英語を学んでみませんか?

 

 

以上が、僕自身の体験をもとにした、スパトレ英語トレーニングのサービス分析でした!

 

僕が未経験からプログラミングを学んだ記録はコチラです↓↓

 

Twitterでも、エンジニア向けの技術情報やブログ運営の方法など、役に立つ情報をわかりやすく発信していますので、よろしければフォローをお願いいたします↓↓

イチカワトモヤ@ホテルマンエンジニア(Twitter: @tomochan8282

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA